太陽生活ニュース

2011年5月27日(金) 16時53分 公開

太陽光発電システムの設置費用、新築住宅向けは既築住宅向けに比べて2割も安い

埼玉県春日部市で開催されたJ-PECの平成23年度補助金説明会で、埼玉県の太陽光発電システムの設置状況が説明された。

その中で、新築住宅向けに太陽光発電システムを設置する場合は、既築住宅に比べて1kWあたりの設置費用が大幅に安く済むことが報告された。住宅の建築とともに太陽光発電システムの設置が行われることから、施工費用などが安価で済むためと思われる。埼玉県の調査によると、既築住宅の場合、1キロワットあたり62万5608円(平均値)かかるのに対し、新築住宅では50万500円(平均値)と2割ど安く設置できているという。

埼玉県の補助金申請に基づく2010年度の1kWあたりの設置費用

埼玉県の補助金申請に基づく2010年度の1kWあたりの設置費用
新築向けと既築向けの平均値で比較すると、新築は1kWあたりの設置費用が2割ほど安い。また最頻値で比較すると、3割近く新築住宅のほうが安く設置できる。なお、既築住宅の最頻値である65万円/kWは、2010年度の国の補助金の支給条件の上限費用である。


このように新築と同時に設置した方が安価で済むためか、新築住宅に太陽光発電システムを設置するケースが増えており、その搭載比率も大きく上昇しているということだ。多くのハウスメーカーが太陽光発電システムを搭載した住宅を販売しており、光熱費が安くなることをメリットとしてうたっていることも背景にありそうだ。

埼玉県では、補助金を活用した人にアンケートを実施しており、その結果、新築住宅に設置した81%もの人が、埼玉県の補助金がなくても設置はしたと回答している(既築住宅の場合は46%)。こうしたことから埼玉県では、2011年度の補助金から新築住宅向けへの支給をやめ、既築住宅のみに支給しているという。

新築住宅への太陽光発電システムの普及は、埼玉県に限らず、全国的に見られる傾向である。特に東日本大震災以降、太陽光発電システムに対する注目は高まっており、新築時に設置を検討する人が増えているようだ。またハウスメーカーも太陽光発電システムを標準装備する傾向が見られ、たとえば、関西の中堅分譲住宅メーカーの敷島住宅は、ハウスケア(太陽光発電専門商社のウエストホールディングスの子会社)と共同で滋賀県大津市に太陽光発電システムを標準装備した分譲住宅160戸を供給するなどしている。

菅総理大臣は、経済協力開発機構(OECD)の講演にて、「2030年までに1000万戸の住宅の屋根にソーラー・パネルを設置することを目指す」と述べた。この高い目標を達成するには、既築住宅向けの普及がカギになりそうだ。

《太陽生活ドットコム 小林》

-PR-

補助金情報

住宅向け太陽光発電システムの設置補助金に関する新着情報です。リンクをクリックすると、各自治体の関連情報ページが開きます。

2014/7/22
<受付開始>青森県平川市new
2014/7/15
<受付開始>東京都西東京市new
2014/7/7
<受付開始>千葉県南房総市
2014/7/7
<受付再開>沖縄県糸満市
2014/7/7
<受付開始>沖縄県宮古島市
2014/7/2
<受付再開>埼玉県戸田市
2014/7/1
<受付再開>北海道亀田郡七飯町
2014/7/1
<受付開始>北海道勇払郡安平町
2014/7/1
<受付開始>群馬県高崎市
2014/7/1
<受付開始>東京都国立市
補助金検索パーツ 一発検索くん

太陽生活ドットコムからのお知らせ

2011/8/4
小学館 女性セブン 8月18日号「太陽光発電の意外な落とし穴」で、当サイトのコメントが紹介されました。
2011/7/28
テレビ神奈川 7月28日放送の「太陽がもたらす新たな社会 ~太陽経済かながわ会議~」に、当サイト編集長 小川誉久が出演しました。(→番組ホームページ
2011/7/26
TBS 「噂の東京マガジン」 7月24日放送の「噂の現場 節電の夏!太陽光発電!今が買い時!?」に、当サイト編集長 小川誉久が出演しました。(→番組ホームページ/→放送内容
2011/7/13
日本経済新聞 7月13日 夕刊 社会面「太陽光を活用 我が家の節電」の記事で、当サイト編集長 小川誉久のコメントが紹介されました。
2011/4/19
当サイト(太陽生活ドットコム)の月間ページビューが20万を突破しました!
2011/4/16
当社のサービスenervo(エネル簿)が、日本テレビ ズームイン!! サタデー「エース上重は見た!」で紹介されました!
太陽生活 on twitter